(申告書に記載する危険物の単位について)

Q.
申告書に記載する危険物の単位は固体ではkg、液体ではLと決められてしまっていますが、mLもしくはgram表示のDGDはいけないのでしょうか? DGR 8.1.6.9.2 (c) の直ぐ下にあるNoteが、kgとLの使用を強制しているように思えます (2010.5.31)

A.
勿論、メートル法のどの単位を使用しても構いません。固体では、ミリグラム (mg)、グラム (g)、キログラム (kg)、トン (1,000 kg) も使って構いません。液体では、ミリリットル (mL)、デシリットル (dL)、リットル (L)、キロリットル (kL) も使えます。<br><br>アメリカではヤード・ポンド法がまだ一般的に使用されています。固体はオンス、ボンド、トン、液体はパイント、クォート、ガロンが使用されています。これらの単位による申告も構いません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.