(UN 2716 1,4-Butynediolを水に溶かしたものの正しいUNナンバーとPSNは何でしょうか?)

Q.
UN 2716 1,4-Butynediol PG IIIの貨物の申告書はkg表示になっていました。使用される包装基準はPI 670となっていました。ところが、実際にはUN 2716を水に溶かして液状になっていると言います。正しい申告の包装はどうなりますか?  (2012.5.31)

A.
UN 2716 1,4-Butynediol PG IIIの通常形態は固体の有機化合物です。従って、DGRには通常形態のkgで表示されています。液状で出荷する際には、DGR 4.1.3.1のExceptionの3ッつ目の黒丸に書かれているように、「物理的な状態 (固形、液状、ガス状) と変化があった場合には以前の名称は使用できない。」とあるように、青いページに1,4-Butynediolの液状の名称の記載がなければ、表4.1.Aの一般包括名 (n.o.s.のリスト) から最も適切な名称を選んでこなければなりません。

区分6.1のSpecific entryには見当たらないので、General entryのUN 2810 Toxic liquid, organic, n.o.s. (1,4-Butynediol mixture) を選択します。PG IIIで使用する包装基準はPI 655 Max 60Lです。物質が液状ですから、当然、天地無用のラベルが相対する面に2枚要ります。中を目視できないオーバーパックに入れれば、オーバーパックの外表面にも矢印ラベルが2枚必要です。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ