(リチウム・イオン電池を装備した器具が故障して、修理のため送り返したい。電池は正常で器具の故障の原因ではない。しかし、電池を外すことが出来ない。空輸しても良いですか?)

Q.
荷送人が ある器具を修理に出したいと言っている。その器具にはリチウム・イオン電池 (UN 3481) が装備されている。荷送人によれば、電池は正常で、器具の故障の原因ではないが取り外すことが出来ない。航空輸送しても差し支えないでしようか?  (2012.4.30)

A.
電池を外して頂いて、器具を受託することをお勧めします。・器具から電池を外すことが出来ないと言うことは信じがたいことです。ことによると、電池は、例えば時計のような、器具の補助的な部分の動力源になっているのではないでしょうか? 電池は後から装着されたものです。後から装着されたものが取外せないと言うことは信じがたいことです。

安全を期するために電池を取り外して頂いて貨物を受託してください。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ