(DGR 2.3.4.7 の熱を発する物品とはどんなものですか?)

Q.
DGR 2.3.4.7の航空会社の許可があれば手荷物として許される 「熱を発する物品」 とは、水中ランプや半田ごてのようなもので、作動した場合火災の原因となるものと聞いています。この熱と言うのは何度ぐらいの事を言うのでしょうか? DGR 3.9.2.3に高温物質と言うものがありますが、固体で240℃と書いてありますが、これが目安になるでしょうか? (2011.11.30)

A.
DGR 2.3.4.7で言及している物品は、熱量の高い水中ランプや半田ごての類で、作動すると火災を起こす可能性が高い熱を出すものです。それぞれの器具によって達する温度は異なりますが、充分に火災の原因になる熱を出し、附近にある可燃物を発火させます。DGR 3.9.2.3の高温物質と言うものはコールタールのようなもので、まったくDGR 2.3.4.7の器具とは異なりますから、温度の目安にはなりません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.

iata Tozaisha  ʪ§ IATA DGR ߥʡ