(PI 966のSection IでUN 3481を危険物として輸送する際に、Additional Requirement Iは必須条件でしょうか?)

Q.
包装基準 PI 966のSection IでUN 3481を危険物として輸送する際に、Additional Requirement Iは必須条件かどうか確認したいと思います。またOVERPACKの要件が書かれていますが、UNの容器を使用しても、貨物の外装および申告書にOVERPACKの表記が必要となるのでしようか? (2010.8.31)

A.
はい、Packing Instruction 966 の Section I の Additional Requirements - Section 1に書かれている三つの bullet hole はすべて“must”の必須条件です。

来年からOVERPACKの要件は消えますが、今年中は現51版の規則が有効なので、DGR 7.1.4やDGR 7.2.7に要求されているOVERPACKの文言などは外装容器の上と申告書の上に書き込む必要が有ります。来年からOverpackの下りは削除されます。今年はOVERPACKを表示して下さい。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.