(ドライアイスを含めたOVERPACKの申告書の書き方を教えて下さい。)

Q.
ドライアイスを含めたOVERPACKの申告書の書き方を教えて下さい。OVERPACKごとの純量を書かなければいけないのですが、48リットルのレジンと5kgのドライアイスの書き方を教えて下さい。
 (2010.8.31)

A.
DGR 7.1.4.2のNoteのところに、“もしOVERPACKに二つ以上の危険物が収納されている時は、UNナンバー毎に危険物の数量を記載する”とあり、また、Figure 8.1.N (DGR Page 609) には実例が掲載されていて、“Total quantity per overpack, 40 kg, 120 L”となっています。

この申告書も、下記のように簡略化して書いても構いません。

UN1866 Resin Solution3III12 fibreboard boxes X 4L309
UN1845 Dry Ice9III5 kg904
OVERPACK USED X 15
#001 - #015
Total quantity per overpack, 48L, 5kg
UN1866 Resin Solution3III10 fibreboard boxes X 4L309
UN1845 Dry Ice9III5 kg904
OVERPACK USED
#016
Total quantity per overpack, 40L, 5kg

2つの危険物が双方ともkgもしくはlitre表示であっても、UNナンバーが異なれば、足してはいけません。国連番号ごとに別々に表示します。例えば、“Total quantity per overpack. 40L, 5L.”もしくは“Total quantity per overpack, 5kg, 15kg.”とします。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.