(UN 1263 Paint, Class 3, PG IIIのOVERPACKにて規格マークが隠れる場合)

Q.
UN 1263 Paint, Class 3, PG IIIのものを10缶OVERPACKしようと思っていますが、写真のようにUN Specification Markが缶の蓋面に表記されています。OVERPACKする際にplywoodの板でサンドウィッチにすると国連の容器規格マークが見えなくなってしまいます。これでは、「外からマークが見えない」状態に該当してしまい、ラベル・マークの再現とOVERPACKの文字などの表記が必要になりますか?
 (2010.8.31)

A.
UNの規格マークが缶の蓋についているのは異例です。常識的にも缶の本体の側面についているべきです。

蓋にUN規格マークが付いているので、サンドウィッチにすると見えなくなりますから、OVERPACKの文字は必要です。荷送人、荷受人の会社名・住所、内容物のUNナンバーと正式輸送品目名、ラベルなどサンドウィッチしても目視出来るものは再現する必要はありません。目視できないものだけを再現します。

航空会社によっては、細かく再現してくれと要求するところもあります。それは、航空会社の自由裁量ですから、従って下さい。原則的には目視出来るものは再現する必要はありません。


[閉じる]


Copyright (C) 2003  Kinoshita Aviation Consultants All rights reserved.